2019年11月13日

今日も明日も明後日も仕事な違和感

今日もこれから労働だ 明日も明後日も 俺は社会人 あり得ず 風邪をひいてきのうもバックレが頭をよぎる バックレ歴40年 重三郎はまだ生きて 雨な今日もぼくは仕事にいかねばならない 妻の鬱はまだまだ 妻に期待はしない 自由連想さえ書き続けながらユーチューバ―デビューを夢見る来年 明日は晴れ 姪の学芸会を見にいくかは微妙になり できればシャツを洗ってしまいたい 咳がまだ少し 村をつくる計画は時間がないため不調 

posted by 天坂大三郎 at 09:17| 雑記orつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

来週は学芸会

姪っ子の学芸会は来週土曜日朝8時 そのあと飯でもいっしょに食ってソチャ家族と合流するも良し だから昭和記念公園の紅葉に妻をつれていくのはできれば今日中に終わらせ ベケットを読まないまでもテーブルにおいておくのは行政書士の本も同様 戸籍謄本全部事項証明書は確認済み GMOあおぞらネット口座はこれから 白シャツはビームス 布団をたたみ 洗い物をし 妻の白パンツの漂白 明日は雨 傘は折りたたみ 夕飯はキムチ鍋などのほかにあっぱれで安惣菜を買い 妻の鬱にはまだもう少し我慢 


posted by 天坂大三郎 at 11:29| 雑記orつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

掃除のばあちゃんどもとのお茶会は来週日曜日

とりあえず社会労働一週目が終了 二週目以降も継続できるかの保証はまだないものの少しずつなんとか金をためてとっととリタイヤ計画を立てつつ行政書士の勉強はまだですが とにかくトークを神レベルにあげて奥多摩に芸術の村をつくりましょう 今日はそしてスーツのお手入れと掃き掃除までが終了 図書館探しも終了 クレーム対応本を軽く読みながらトークシュミレーション後は自由連想の清書を500文字 午後は昭和記念公園に紅葉を見にいって晩酌開始予定は15時 掃除のばあちゃんどもとのお茶会は来週日曜日 以上


posted by 天坂大三郎 at 09:38| 雑記orつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

自由連想⑩の引用がみつからない

今日はこれから田中団地歯科の場所を確認しに自転車で3キロ 帰りに強力粉と牛乳とゴミ袋を買い 明日は10:08分の中央線 引っ越しの段ボールは無事回収され 天気も良好 トークのシュミレーションもまあまあで これから自由連想を500文字のあとで田中団地歯科 もしかしたら群像に4万字ほど提出するかもしれず そのための準備は来週から


posted by 天坂大三郎 at 12:20| 雑記orつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

自由連想を500文字書いて寝る

本気労働をとりあえず3年は継続 正確には2年半 それまでに独立できる体制を整える 重三郎は青森に置き去り 母だけ東京へ アヤコさんがなくなったのは昨日の朝 無印のカーテンは微妙 労働を続ける極意は思いきりやること じゃあ自由連想をこれから500文字ガラケーで書き 明後日は仕事 明後日は社会人 明後日はスーツを着る でもネクタイはしない 出勤時間は12:00 電車時間は約1時間 自由連想の下書きか行政書士の勉強をするのはちょうど良く とにかく仕事は続けて毎月給料をもらうのが重要 妻のカードローンは約70万 それ以外の借金はなし それ以外の借金は両親の破産で清算 いつか死ぬときの死んだ人を想っても今を止まることはできない


posted by 天坂大三郎 at 20:18| 雑記orつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

殺人容疑者に宛てた手紙からはじまる生すぎる記録

 日々、お疲れのところ誠に恐縮ですが、突然のお手紙をどうかお許しください。
 私は、東京都内に住む一般人で、野口康と申します。年齢は三十二歳です。現在、まるでモノにならない私小説などを書きながら、アルバイト生活をしています。
 先日、テレビの報道で、あなたが被害者の方々とご遺族の方々に謝罪されたことを知りました。このような事件で、加害者が遺族に謝罪をするのは稀です。だからというわけではありませんが、まずは、この度の謝罪に費やしたあなたのご尽力に、心より労いの言葉を差し上げたく思います。
 この度のあなたの謝罪が、被害者やご遺族の方々にどれだけ届いたかは知る由もありませんが、少なくとも私自身は、あなたの言葉の要所に、強く心を惹かれました。自らの責任とはいえ、誰に知られることもなく、無限の孤独を強いられているだろう今のあなたの心境を思うと、何もして差し上げられないことが悔やまれてなりません。さぞかし、お辛い状況にあると察します。
 しかし、拘置所内の規則正しい生活が、あなたの孤独や苦悩をわずかながらも和らげているようにも想像します。それは家族を失ったご遺族の方々も同様でしょう。
 片時も忘れることができないというのは、彼らにしても厳密には不可能です。人間はいかに極限の状態にあっても、一つの物事や考えに執着していられる時間は限られています。それで良いとは言えませんが、それは仕方がないことです。
 こういう言い方が適切とは思いませんが、すべてにおいて深刻になり過ぎるのは良くないと、恐れながら提言させて頂きます。
 ところで、あなたは被害者やご遺族の方々への謝罪文で、「真実を明らかにし、償いたい」とおっしゃっておられます。
 しかし、実際のところ、それはたいへん難しいことだと思います。真実はおそらく、あなたの言葉をかりて申し上げれば、被害者やご遺族の方々の心情をかえって冒瀆してしまうものになり兼ねません。
 真実と、個人の意思とは無関係である場合がほとんどで、両者の存在はそもそも相容れないものです。とはいえ、被害者やご遺族の方々の心情を優先してしまえば、あなたの危惧する「きれい事を並べた謝罪文」になってしまうでしょう。
 つまり、被害者やご遺族の方々の心情と、真実と、どっちを優先するべきかという問題になりますが、私があなたに期待するのは、「真実」を優先することです。もっとはっきり申し上げれば、被害者やご遺族の方々の心情(個人の心情)に配慮するのは、極力控えたほうが良いということです。
 あなたに残されている時間は、もう限られているかもしれないのです。あなたはあなた自身のためにだけ、残された時間を使うべきだと私は考えます。それが同時に、被害者やご遺族の方々のためにもなるに越したことはありませんが、仮にそうならなかったとしても、あなたの導き出した真実は貴重なものです。また、あなたが真実を語ることで、被害者やご遺族の方々の心情を余計に害してしまったとしても、結果的にそれが過ちであるとは、私には思えません。

↓続きはこちら↓



posted by 天坂大三郎 at 19:48| 雑記orつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心中回避

ダルすぎていきなりバックレをなんとか堪え 三連休明けからは12時出勤だから電車が楽はいいがとにかく3年は我慢して 画像検索で素性がバレたかもしれないミクロな可能性はさておき 洗濯をした 自由連想の清書は1500字 行政書士の勉強もしつつ 青梅の改造可能な物件を探すことにも一生懸命 重三郎と母の破産手続きは順調で 節子が余命1ヶ月なことをMにメール ところで小川はもうとっくに死んでいるかもしれない




posted by 天坂大三郎 at 11:27| 雑記orつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

明日から社会人

東京への引っ越しが完了して約一週間の今日ようやくネットが開通 明日からは仕事 なのに背中の筋を違えてしまってサロンパスを買いにコンビニにいったらサロンパスがなく サンドラッグまでいったら下痢をしたくなり しかし妻の買うものがなかなか決まらず とにかく明日から仕事で しかも人生初の正社員での初仕事で もし根性負けしてバックレたら妻と心中決定 ていうか新生活にはいったとたん自治会にはいれと下のジッコに脅されたから脅し返しつつもリンゴジュースをくれてやって追い払い 白猫があくびをするのをジッとみて明日に備える背中に氷 今日の夕飯はフグなべと生オレンジティー 

アマゾン(Kindle版)で絶賛?発売中!!の【天坂大三郎・全集】はこちら>>
天坂大三郎のプロフィールはこちら>>


posted by 天坂大三郎 at 13:30| 雑記orつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

「仕返し」より引用

明日から東京で一週間くらいネット環境ナッシングだから母との最後の晩餐はチーズフォンドュ 鍵の受け取りは16時 引っ越しは午前中 電気と洗濯機とガス台とプリンタは絶対買い 来月からは行政書士の勉強もするでしょう 小説はスマホで継続 動画もスマホで参入 とにかくこれから郵便転送のハガキをとりがてら 児童公園にお別れの挨拶にいってきます 


↓児童公園が舞台の短編小説↓
 Sに勝てれば、五組を支配できる。が、何度挑んでもSに勝てなかったぼくは、そのくせ、Sの性格が温厚で、野望をもつタイプではなかったことにつけ込んで、クラス一の実力者を気取っていた。
 しかし、ある日の放課後、SがTに負けた。さらに、HにもSは負けた。TとH、それぞれのSとの戦いぶりを間近で見ていたぼくは、Hこそがクラスで一番強い奴だと確信した。
 いや、おそらくHは小学五年生の時点で、六年生を含めた学校中で一番強かったと思う。体が大きく異常に太っていたHは、にもかかわらず運動神経が抜群で、何より足がとても早かった。いわばヘビー級なのにライト級のスピードをもっていた。人間と熊との力の差がどれほどかは知らないが、ついそんな想像をしてしまうほど、Hの基礎体力は圧倒的に見えた。しかし幸い、Sと同じくHも野望をもつタイプではなかった。
 問題はTだった。口も達者で、野望をもつタイプだったTが、Sよりも、つまりは自分よりも強いことを知ったぼくは、そのうちぶっ倒そうとしていたリストから、慌ててTを外した。そして、なんとかTに取り入って、支配する側のポジションを死守しようとした。しかし、そのTでさえ、頭の上がらない奴が一人いた。
 それはEという奴だったが、ぼくはそのことを不思議に思った。なぜならEは、四年生のときに、Sに負けたからである。もとよりぼくもSには勝てなかったが、Sとぼくの実力は、SとEほど開いてはいないと思った。つまり、ぼくでさえ勝てる自信があったEに、ぼくとSより強いはずのTは、なぜか?逆らえなかったのである。ともあれ、Eとケンカになれば、Tが加勢するだろうことを警戒したぼくは、Tやその仲間たちと一緒に、とりあえずEを慕うことにした。




posted by 天坂大三郎 at 12:13| 自著より引用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

迫る東京のなかなか多忙

荷物の搬出は18日 22日にスカイ号で東京へ 23日午後に荷物の受け取り トレファク立川店で洗濯機とガス台と照明とプリンタを買い 西立川までの陸路を確認 通勤は1時間 朝の起床は5:30 西立川から東京行きの直通の中央線は7:20 ネットはau光 スマホは年明け スカイ号は現在まだ運休中 明日はヨッケに会い 午前中は信子 荷物整理の8割は今日中に終わらせ やっぱり信子は最後に回し 自転車の限度は17日まで 重三郎と母の破産手続きはもうシカト


posted by 天坂大三郎 at 08:39| 雑記orつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする